koogawa blog

iOS、Android、foursquareに関する話題

「1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ」を読んだ

1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

  • 作者:佐藤 剛士
  • 発売日: 2020/11/20
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)

tl;dr

良い本でした。迷ったらポチることをオススメします

読者(ワシ)のスペック

購入したきっかけ

なんとなく雰囲気で SwiftUI 使ってるけど、基礎的なこととか抜け落ちてる知識があるのではないか?という不安があった。実際、次のような知識が抜け落ちていた。

  • layoutPriority
  • Mid座標
  • Text の fixedSize, kerning 等
  • iOS 14 から登場したもの
    • LazyVStack, LazyHStack
    • LazyVGrid, LazyHGrid
    • TextEditor
    • ProgressView
    • Link
    • Label
    • Map

(各項目の内容まで書いてしまうとネタバレになるので、詳しくは買って読んでみることをおすすめする)

完全な初心者向けの書籍ではなさそう

例えば「プロトコル」「クロージャ」等は知っている前提で話が進むので、Swiftの基本的な知識を学んでから読んだほうが良さそう。余裕があれば Apple公式チュートリアルも軽く流しておくと理解が深まる。

最新の iOS 14 Widget にも対応

iOS 14 で新登場した「ウィジェット」の作り方についても解説されている。タイムラインの概念など、公式ドキュメントを読んだだけでは理解しにくい概念についても丁寧に解説されている。

まとめ

まとめると、本書籍は次の方におすすめである。

  • Swift 言語はある程度わかる
  • SwiftUI を体系的に学びたい・学び直したい
  • SwiftUI における iOS 13 -> 14 のアップデートを知りたい